多田佳豫作 水指「桜かくし」

38,500円(内税)

在庫状況 在庫数

『多田佳豫さん』はパリ国立美術学校を卒業後、パリを拠点に現代美術作家として、
作品はギャラリー、アートセンター、美術館、デパート、クリスティーズなどに展示されるなど、活躍されていました。
東日本大震災を機に大切な人の側にいたいと日本に戻られ、日常の器を作る作家として活動されています。
多田さんの器は釉薬にこだわり、美しい花々や風景の思い出が蘇ってきて優しい気持ちになる器です。

こちらは『水指 桜隠し』です。
「満開の桜に積もる雪。
土見せの緋色がアクセントになっています。」
と多田さんからのご紹介です。

口の空いている部分が8.2cmほどです。
少し小さめですが、多田さんも柄杓でお試し下さって大丈夫だったそうですが、
わかりやすいようにお写真を撮ってみましたので、ご覧下さい。
ちなみにこちらの柄杓は風炉用の柄杓です。

流派などで柄杓の大きさも様々かも知れませんので、お持ちのお道具をご確認下さい。


多田佳豫作 水指 『桜隠し』 直径16.8cm,高さ14.3cm 38,500円
共箱付き