今回『わたしを愉しむテーブル茶道展』では色は入っているものが多いのですが、
小林千恵さんの作品は、全て真っ白な作品です。

『上絵も少し考えていましたが、初めて抹茶碗としてお披露目するので、シンプルに白のまま。土のまま。素のまま。 白は究極の色なのでは!と腹を括りました。

こちらの『白磁熊川形茶碗』です。
柔らかな歪みのある無垢な白い磁肌に、熊川形(こもがいがた)という深めで、
口縁が端反り、胴は丸く張り、高台が大きく幅と高さがある茶碗です。



小林千恵作 白磁熊川形茶碗 直径12.2cm,高さ7cm 11,000円